HTCがKDDIと日本に向けた開発に合意

MWC2012で、HTCは日本向けに特化した携帯電話の開発についてKDDIと合意に至ったと発表しました。

HTCについて http://www.htc.com/jp/about/

「MOBILE WORLD CONGRESS 2012」(MWC)、スペ イン・バルセロナ –2012年2⽉28⽇–

⾰新的な技術と優れたデザインでスマートフォン業界をリードするHTC Corporation(本社: 台湾桃園県 CEO: Peter Chou、以下、HTC)は、KDDI株式会社(本社: 東京都千代⽥区、代表取締役社⻑: ⽥中 孝司、以下、 KDDI)と、⽇本市場向けにカスタマイズした最先端のスマートフォン開発に関して合意した旨を、本⽇発表しました。両社はこの協業により、お互いのビジネスの強み (HTCの先⾒的かつ⾰新的な製品を⽣み出す技術⼒と、 KDDIが誇る優れた通信網及び⽇本市場における強⼒なプレゼンス)を最⼤限に活かし、⽇本のユーザのニーズや趣向に合わせたスマートフォンを今後提供していく予定です。

HTC Corporation のCEO、ピーター チョウ(Peter Chou)は「⽇本のユーザは⾮常に多忙な⽣活を送ってお り、彼らがより便利で快適な暮らしを実現するうえで、最も⾰新的なスマートフォンを必要としています。HTCは、そうした⽇本のユーザに最新鋭のスマートフォンを提供し、暮らしを便利に感じてもらうだけでなく、楽しんでスマートフォンを活⽤いただきたいと考えています」と述べています。

KDDIの代表取締役社⻑、⽥中 孝司⽒は「KDDIとHTCの両社は、私たちの事業すべてにおいて、常にユーザの⽴場で彼らが何を望んでいるか、何を期待しているかということに焦点をあてており、今回の協業によって⽇本のユーザの皆様向けに画期的な素晴らしいスマートフォン体験をご提供できると信じております」と述べています。

HTC Oneシリーズでは日本の提携キャリアが明示されず、日本から撤退するのではないかという憶測も飛び交っただけに、今回の発表は素直に喜びたいところです。
また、日本向けと明記していることから、赤外線などのNFCや、ワンセグ、おサイフケータイなども搭載するのだと思われます。
これを機にHTCの躍進が続くと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です