SONY CP-F2LSAVPを購入

CP-F2LでEVO3Dを充電しているところ

SONYのモバイルバッテリー、CP-F2Lを購入しました。今まで使っていたYoobao HY-642と比較しながら、雑感など。

モバイルバッテリーが壊れた

前回購入したYoobao HY-642は故障してしまったため、急遽モバイルバッテリーを買い換えました。

バッテリーが膨らみ、本体が変形してしまった
バッテリーが膨らみ、本体が変形してしまった

 

YB-642と比較してみて

まず容量ですが、YB-642が11200mAhなのに対してCP-F2Lは7000mAhとなっています。
3~4回充電できたYB-642に対してCP-F2Lは3回ということになっていますが、そこまで変わらないと思います。

重さ。250gのYB-642に対してCP-F2Lは198gです。アルミを使わなければもっと軽くなったでしょうが、そこはご愛嬌。
単純に比較すれば、YB-642からは50g軽くなりました。

出力。USBは2口で、合計で5V/2.1Aまで出力可能。どちらもきちんと短絡されていて、なおかつ、どちらでも2.1A出力が可能です。
YB-642では1Aと2Aに分かれており、2Aの方は不安定だった為とても嬉しいです。

入力。モバイルバッテリー本体への充電は5V/0.5-1Aで充電できます。2.1A出力のAC充電器とケーブルが付属しており、良い。
おまけにモバイルバッテリー本体の充電が完了すると自動で充電をストップするため、過充電を防いでくれます。

外観。おもちゃチックでダサく、太っちょで格好悪かったYB-642からは大きく変わりました。
アルミがふんだんに使われており、割と大きいもののスリムな外観でスタイリッシュな感じ。
特筆すべきはその薄さで、2.5cm(25mm)もあったYB-642から1.2cm(12mm)と大幅に薄くなりました。

付属品。YB-642の付属品が充電コードと11種類の変換器だったのに対して、CP-F2LはAC充電器と充電コード。
充電器不足に陥ることが多いので、単純にこれは嬉しかったです。

 

ここがこうだともっと良かった

充電残量がわかりにくい。

付属のAC充電器がもっと小さいとよかった

総評

とても良い

雑記

全体の作りが良く、とてもコンパクトにまとまっています。筐体のほとんどがアルミで、高級感と満足感を同時に味わえます。
他のモバイルバッテリーと比べて厚さがスリムになっているため、ビジネスバッグ等に入れても嵩張らないと思います。
さらにこのモバイルバッテリーはモバイルバッテリー本体への充電と、モバイルバッテリーから端末への充電を同時に行えるため、旅行等に行った際にも荷物を増やすことなく、5V/2.1A出力のAC充電器としても使うことができます。
7000mAhあれば大抵のスマートフォンで約3回分充電することできるし、なおかつ、2.1A出力が可能ということでタブレット等にも気軽に充電できます。

今使っているモバイルバッテリーが古くなってきた方はもちろん、新規にモバイルバッテリーを購入したい方など、それだけでなく、プレゼントなどの贈答にもオススメします。

画像

IMGP3337

IMGP3340

充電開始ボタンを押したところ(緑色のランプはケーブル未挿入の場合は特に意味なし)
充電開始ボタンを押したところ(緑色のランプはケーブル未挿入の場合は特に意味なし)

IMGP3346

IMGP3348

IMGP3351

EVO3Dとの厚さの比較(薄い!)
EVO3Dとの厚さの比較(薄い!)
バッテリー本体を付属ACで充電中
バッテリー本体を付属ACで充電中
本体を充電中のランプ表示
本体を充電中のランプ表示
IMGP3370
アルミって素晴らしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です